趣味

報連相が難しい!コミュ障でも出来る報連相を指導してもらった【新入社員】

報連相が難しい!コミュ障でも出来る報連相を指導してもらった

こんにちは、あひるママです。4月から新入社員として働いています!以前も似たような業務をしていたからちょっと安心〜!って思っていたら上司から報連相についてダメ出しをくらってしまいました…

「君は報連相がちょっと弱いね」

がびーーん。確かに人見知りで、人と話す時は緊張して自分が何話してるか途中でわからなくなってしまうコミュ障とは思っていたけど、はっきりと言われてしまって悲しい。

そんな私に上司は報連相の方法を講義してくれました!有難い。今日は私が指導してもらった報連相の方法についてご紹介したいと思います。

あひるママ
あひるママ
いろんな事を教えてくれてすごく良い上司です

報連相の方法

まず宣言しよう

まず、これから話すことは報告なのか、相談なのか、連絡なのかを伝えよう!なぜかというと聞き手に、気持ちの準備をしてもらうため。

  • 報告→上手くいってる時
  • 相談→上手くいってない時
あひるママ
あひるママ
今、報告、良いですか!

結論から話そう

①まずタイトルを宣言する タイトル=結論
②ストーリー(話が長くなる時は小見出しをつける)

結論の例

〇〇することになりました

特に1番大きな出来事や、上司が気にしていたことから話す

相手の欲しい情報は?相手が気にしていることは?

あひるママ
あひるママ
私はまずストーリーから話していたから、最終的に行き着くところがわからなくなって、最後はゴニョゴニョ言ってしまってたのかな

主観は必要ない

報告に主観を入れる必要はない!
事実のみを伝えるのが報告である

あひるママ
あひるママ
確かにちょこちょこ感想とか挟んじゃってたけど全然いらんな〜

上司から途中で質問が入った時

上司から質問が入った時は、自分の報告が不十分だということであり、もしその質問に答えられなかった場合は必要な情報に抜けがあったということである

すぐにその情報を手に入れることが求められる

報連相を鍛える方法

ニュースを見てみれば、まず結論を話しインパクトを与え、その後15秒ほどで一連の流れを説明しているのがわかる。ニュースを見て、流れを感じることや、身近な人に話す時に結論から話す練習をすることで報告の練習をすることが出来る。

あひるママ
あひるママ
確かにニュースのタイトルって目を引く〜!なるほど〜

サラリーマンとして上司の報連相の好みを知ろう

報連相の説明をしてもらった後に上司は、上司ごとに好みの報連相の方法があるから、上司の好みを知ることが大切!っていうことを教えてくれました

親と上司は選ばれへんって言うやろ( ・∀・)

あひるママ
あひるママ
そんな言葉があるんですか!

そう思えば今日ご紹介したのは、わたしの上司の好みの報連相になってしまいますね。

でも、とにかく私は報告や相談をする時にパニックになってしまって、なにを話してるか自分でもわからなくなってしまうので、結論から話して、ストーリーに小見出しをつけるようにメモをとってから報告をするようにしたら、スムーズに報告が出来るようになりました!

報告をした時に、上司が難しい顔をしていたら上司の好みの報告の方法などを観察して見るのも良いかも知れないです!

私の学び(報連相)

  • 落ち着く
  • 話をメモにまとめる
  • 見出しや小見出しもつけておく
  • 相手にどの情報が必要か考えてみる
  • 抜けがないか確認
  • いざ、報告へ

上手な報連相が出来るように頑張ります〜!!