体験談

保育園のお迎えに間に合わない!ファミリーサポートセンター利用してみた

保育園のお迎えに間に合わない!ファミリーサポートセンター使ってみた

 

こんにちは、あひるママです。

今日は、ファミリーサポートセンターを利用した時のことについてご紹介します!!

私が利用していた保育園は18時半には閉園していました。

近くの私立の保育園は19時とか20時までは延長保育をしていて、20時まで預けられたら仕事を選ぶ幅も広がるだろうな〜と羨ましく思っていたような記憶があります。

あひるママ
あひるママ
私は仕事をしながら通信の短期大学に在学していて、たまにスクーリングがあるんですけど保育園のお迎えに間に合わない悩みがありました

スクーリングに行くと、帰りは20時とかになっちゃいます。そこでファミリーサポートという制度に出会いました。

まずはファミサポの登録に行こう

 

ファミリーサポートセンターを利用して、子どもを預けたい!と思っているのであれば、ファミサポの依頼会員に登録しなければなりません。

  • 依頼する人=依頼会員
  • 子どもを預かってくれる人=協力会員
  • 両方したい=どっちも登録することも出来る

 

協力会員さんは、子どもを預かるということで、研修を受けなければならないのですが、依頼会員だけであれば、説明を受けて書類を提出するだけで登録することが出来ました!

ファミサポのカードを作成するので、自分の写真を持って来てくださいと言われました!

依頼会員は、地域によって違うみたいですが、生後3ヶ月から就学前までの地域もあれば、小学3年生まで、小学6年生までなど決まっていて、対象となる子どもの保護者が登録することが出来ます!

職員の方は、すごく優しい方たちで暖かく迎えてくださいました。

お母さんのリフレッシュの時も、利用できますよって言ってくれました。優しいな〜。

実際に預けたい日を伝える

 

登録が終われば、次に実際に利用したい日をファミリーサポートセンターの職員の方に伝えます。

この日に保育園のお迎えに間に合わないので、何時のお迎えに行ってもらいたいですと伝えて、こちらが迎えに行く大体の時間と一緒に伝えます。

お迎えの時間は大体の時間を伝えるだけでOKでした!

預かってもらってからお迎えに行けた時間までの料金が発生するので、預かってもらった時間が1時間以内であれば1時間料金、2時間以内であれば2時間料金を、迎えに行った時に、協力会員さんが徴収してくれます

私は間に合わなかったら申し訳ないと思って、長めに伝えていましたが、それより早く迎えに行くことができたので、預かっていただいた時間の料金の支払いをしました!

領収書も書いてくれて、とっても丁寧でした。

協力会員さんと面談

 

預けたい日を伝えると、ファミリーサポートセンターの職員の方が、その日に子どもを預かることが可能な協力会員さんを探してくれます。

そして、協力会員さんが見つかると、連絡が来て、私と協力会員さん、ファミリーサポートセンターの職員さんで面談します。

場所は、私の場合は近くの公民館で面談を行いました!協力会員さんの家族構成や、子育て経験を教えてもらい、とっても優しい方で安心しました。

面談後、協力会員さんの家を教えていただいて、面談終了!

利用開始

 

面談が終わると、利用開始です。

利用した日、協力会員さんの家にお迎えに行くと、子どもはジュースを飲ませていただいてました。

お絵かきをして遊んでいましたと、その日に行ったことを報告してくださり、ありがたい〜!!

地域にこんなにも暖かい方がおられるってことを知ることが出来たのも良かった。

託児所に預けるより便利

 

私の感想は、ファミリーサポートセンターを利用して良かったと思うし、利用までの過程はちょっと長いけど、継続的に利用したり、協力会員さんとの相性が合えば、非常に使いやすい制度だと感じます。

料金も、地域によって差はあるみたいですが、1時間700円〜900円ぐらいです。

1日預けるってなると、ちょっとお高いかも知れませんが、保育園が終わってからだとその時間からになるので、朝から託児所に預けるよりは金銭的にも優しい!

以前は託児所に預けていたのですが、託児所は遠くて行けなくなったこともあって、ファミリーサポートセンターに出会えてよかった!

興味のある方は、お話だけ聞きにいくのも良いかなと思います。

地域ごとに登録の方法など違うかも知れないので是非調べてみてください

子育ての悩みが少しでもなくなりますように〜!